家庭教育支援協会
トップページお問い合わせサイトマップ

コラム

  • 私たちの理念
  • わたしたちについて
  • お知らせ
  • 活動報告
  • これまでのあゆみ
  • これからの活動
  • 会報
  • コラム
  • リンク

子供の発想力を摘まない子育て 〜子供はそのままで素晴らしい〜

「みゆきさん、紙じゃないとだめなの?」

先日幼稚園児・小学生数人と遊んでいた時のこと。好きな人に手紙を書く遊びをしようということになり、私は紙とペンを用意しました。すると小3の男の子が近付いてきて、私に言ったのです。
「みゆきさん、紙じゃないとだめなの?」
私は、はっとしました。
【 手紙 = 紙に書く 】
私の固定概念が、危うく子供の豊かな発想を潰すところだったのです。

紙とペンを用意したこの行動は、一見親切です。しかし大人が陥りやすい先読み先回り行動であったのです。

先読み先回り行動とは、私が提唱する親育でお伝えしている行動の1つで、大人が子供の行動を先読みし、子供が動きやすいように先回りして準備する行動のことを言います。いわゆる転ばぬ先の杖のこと。

では親切行動と先読み先回り行動、どのように見分けたらいいのでしょう?
それは「結果」への意識の在り方でわかります。結果を期待しないものが親切行動で、期待するものは、先読み先回り行動と言えるでしょう。

大人は様々な経験をしています。その為子供が何歳になっても、赤ちゃんの時同様に、よりよい結果をもたらしたい一心で、先読み先回り行動をしがちです。
しかしこの行動は、よいことに繋がるとは限らないことを私達大人は知っておかなくてはなりません。
それは、成功経験しか積んでいない子供の場合、失敗を恐れたり、障害に対応できなかったり、お膳立てがないと行動ができなかったり、自己判断が苦手だったり、打たれ弱いなど、一人で物事を解決できない未熟な困ったちゃんになる可能性が高くなることが考えられます。
できないことを出来るようにするための、仮説⇒行動⇒修正⇒行動というプロセスを経験する機会が少なかった為、自己解決が苦手なのです。

私はそんなことを思いながら、男の子に聞いてみました。
「お手紙=紙じゃないの?そのアイデア素晴らしいわね。詳しく教えてくれる?」
日頃おとなしい彼ですが、熱い想いを語ってくれました。
「身体にお手紙を書いたらね、お風呂の時にママがびっくりして喜ぶと思うんだ。」
「紙に残らないから、心でしっかり覚えておく手紙なんだよ。」
すごい発想だと思いました。

子供達の発想力を育てるのも潰すのも、私達大人のごくごく平凡な言動が関係します。そのままで素晴らしい子供達。豊かな発想力や能力を育てるのも見過ごすのも、私達大人が鍵を握っていると実感した出来事でした。
子供はそのままで、本当に素晴らしい存在です。
2015年3月23日
和田みゆき
家庭教育アドバイザー・家庭教育師
家庭教育支援協会副理事長
日本家庭教育学会常任理事
家庭倶楽部主宰
ママそら湘南代表
一般社団法人KIDS社交ダンス協会理事
NPO法人いばしょづくり理事
学校法人八洲学園理事
学校法人文理開成学園理事