家庭教育支援協会
トップページお問い合わせサイトマップ

コラム

  • 私たちの理念
  • わたしたちについて
  • お知らせ
  • 活動報告
  • これまでのあゆみ
  • これからの活動
  • 会報
  • コラム
  • リンク

子どもの問題行動を見逃さないために

大阪寝屋川市での痛ましい事件があった夏休みが終わり新学期を迎える前日の

831日付読売新聞朝刊の第1面に

『子供のSOS 気づいて 「自殺夏休み明け多発」』という掲載記事がありました。

「内閣府がまとめた2015年版「自殺対策白書」によると1972年からの42年間での18歳以下の自殺者を日付別に整理したところ長期休暇明け前後に多発していることが明らかになった」という内容でした。


読売新聞より
 

子どもの自殺は遺書などを残さない傾向があるという。それゆえ、周囲が予兆を察知するのは難しいのだそうです。

自殺した中学生男子の父親が取材に答えて「息子が学校に嫌な奴がいる。学校に行きたくないと言ったので、そんなの気にするな、相手にするなと言ったんです。」

親として当然ともとれる対応だと思います。

我が子に強くあってほしいがために励まそうとする。私も不登校になった息子に対して理解を示したり、受け入れたりができずに、頑張ってほしいという思いを口にしていました。

結果は更に息子を追い詰めてしまいました。

親に理解してもらえない、解ってもらえない、今の状況を受け入れてもらえない、そう感じた息子はひきこもっていきました。

息子は言います。励ますよりも「いっぱい悩め」という一言が欲しかったと。

子どもさんの性格や状況によっても対応は変わると思いますが、

なぜ?どうして?と追及するよりも子どもの今の状況を受け入れ受け止めて子どもの気持ちを理解するように心に寄りそうことで子どもは少し落ち着くかもしれません。

時代が変わり、環境が変わり、価値観が多様化している現代社会にあって、親の経験や価値観をそのまま今の子どもに当てはめることは難しいのでしょう。

たった一人でもいい。自分を理解してくれる人が傍にいてくれれば踏みとどまれるかもしれません。
 

最後に尾木直樹・法政大学教授(臨床教育学)の話をご紹介させていただきます。

「子どもが不自然に元気がなかったり、登校を渋ったりしたら、SOSを発している可能性がある。無理に学校に行かせる必要はなく、家族は味方だと繰り返し語りかけてほしい」
 

2015929

家庭教育師・家庭教育アドバイザー

荒川区社会教育サポーター

木村孝子