家庭教育支援協会
トップページお問い合わせサイトマップ

コラム

  • 私たちの理念
  • わたしたちについて
  • お知らせ
  • 活動報告
  • これまでのあゆみ
  • これからの活動
  • 会報
  • コラム
  • リンク

親は子どもに期待する

 往々にして親は子どもに期待するものである。勉強だったりスポーツだったり、お稽古事だったり、オリンピック選手やアイドルに、なんてことも考えてみたりするかもしれない。期待の大小はそれぞれでも、まったく子どもに期待しないことはないだろう。期待がなければ無いで、寂しいことかもしれない
 
 子どもは、親の期待をどのように受け止めるだろうか。自分を鼓舞してやる気につながるか、親の期待の枠に嵌める重い枷か。やる気に繋がれば実力以上の力になる可能性がある。しかし、求められるものが重いプレッシャーになれば、持っている力を十分に発揮できるものではないし、何かにつけて気力を損なうことにもなりかねない。
 
 子どもを伸ばす期待を親はしてやりたいものである。それはどのようなものか。
 子どもの得意なものを応援してやることが、子どもの能力を引き出す近道である。子どもがやりたいと言ったことをやらせてみる。親としてはお試しの感覚でいた方が良い。それが向いていることであれば望ましいが、そうでなくても本人が楽しんでいる間は褒めて伸ばしてやれば実力以上のものが発揮できるかもしれないし、他のことも伸びるものなのだ。本人が楽しくなくなったら、次を応援してやる。
 
 近年では子どもは褒めて伸ばす子育てにシフトしているが、ある程度の年齢以上の日本人には馴染みが薄く難しいところがある。歯がゆい思いをすることがあるかもしれない。しかし結局は「好きこそものの上手なれ」とはよく言ったもので、見守りつつ褒めるところは褒めてやることで子どもは伸び伸びと取り組めて進度はそれぞれながらその子なりに伸びていくのである。
 そして、怒ることは意外に体力を使うので、出来ないことを叱り続けるのはとても疲れる。熱心であるのは良いが、ほどほどにしてみたら、大人も子どもも調度よくなるのではないだろうか。それは子どもの好き勝手にさせることとも違う。子どもの動向を常に意識し、見守ってやる姿勢は忘れてはならないところがまた難しい。子どもにとって親から厳しくしかられないことは楽だが、見てもらえないことは荒む。やる気を削ぐものである。そのバランスを取ることが、親子の関係を良好に保ちつつ、子どもの力を伸ばす関わりとなる。
 親子の関係に悩んでいる方は、お試ししてほしい。急に優しくなったって良いのである。気持ち悪がられるかもしれないけれど、親の良い変貌を心底嫌がる子どもはいない。
 

2015年12月31
家庭教育アドバイザー
えみこ