家庭教育支援協会
トップページお問い合わせサイトマップ

コラム

  • 私たちの理念
  • わたしたちについて
  • お知らせ
  • 活動報告
  • これまでのあゆみ
  • これからの活動
  • 会報
  • コラム
  • リンク

家庭の変化の予兆

「恋愛しない若者たち 〜コンビニ化する性、コスパ化する結婚」(牛窪 恵著)を読んで、これから起こるであろう日本の社会の変化、家庭の変化の方向性をうかがい知ることができた。
 我々の世代にとって恋愛と結婚は一体であるとの考えが多く、出会った異性に甘酸っぱい恋をして、恋を成就して結婚し子どもを育てるという、生命保険会社や、引っ越し業者のCMのような家庭を築きあげることが理想である。日本の高度成長期を体験し、給料が経験とともに増えていく未来を描けた我々は将来家族を養っていけるだろうから、理想のパートナーを見つけて幸せな家庭を築こうと思った。しかしこれは私のような男から見た恋愛結婚観であり、今の若者を中心に違う考えを持つ人が大勢いるのではないか。そんなことを思い知らされた。
 
 パブル崩壊を機に、社会が大きく変化し、それまでの社会観、家族観が全く変化してきている。日本社会も日本経済も成長を止めたことから、将来の給料や経済力が今よりもよくなるとは思えない。そんななかでも生きていくためには、他者の経済的な支えが必要になる。そこで、多くの人が家庭を大切にするようになった。特に若者は、日本の社会や、日本の大人に対する不信感から母親に寄り添うようになり、母親に取り入ることで生活を安定させたいと思っている。しかし、父親はそうはいかない、母親だけである。家庭の中心に女が居る、そんな平安貴族のような家庭感が戻ってきている。男の子も女の子も母親とデートする。彼氏や彼女とのデートよりも母親とのデートの方が楽しいという。母親はこれを喜んでいるかもしれないが、気をつけたほうがいい。
 
 若者たちにとって恋愛はリスクである。告白しても振られて傷つくかもしれないリスク、付き合うのにお金がかかるリスク、セックスで子供ができるリスク、別れた相手がストーカーになるリスク、リベンジポルノのリスクなど、恋愛には様々なリスクがつきまとう。そんなリスクを負うくらいなら恋愛はしたくないという若者が多いというが、私は恋は素敵なものだから是非しなさいと言ってあげたい。恋愛はしないものの、若者の7人に1人には複数のセックスフレンドがいる。その相手は母親の好みには合わないと考えているので、母親に紹介しないし結婚しようとは思っていない。そのことを相手にも伝えているが、相手も気に留めていない。
 しかし彼らには結婚願望があり、その理由は母親が望むからである。母親を安心させたい、母親が望むように結婚したいと思っている。しかし彼らの考える結婚は我々とは違う。財布は別々で、相手の収入は知らないが、共同生活を成り立たせるための生活費はお互いが折半して負担している。それは、男の中にまだパートナーよりも収入が少ない事をコンプレックスに思う人がいて、それをお互いが知ることがリスクになるからである。一人の時間を大切にし、冷蔵庫の中までお互いの陣地を守っている。財布を一緒にしないので、別れる時のリスクが少ない。そして、子供を作ることもリスクである。そして、最も重要なのは結婚によって、自分の生活や老後の資金計画が狂うこと、あるいはパートナーとの生活で自分の老後の資金計画が安定することで、結婚はコストパフォーマンスであると考えていることである。
 
 私は、結婚がコストパフォーマンスであると考える若者たちに違和感を持ったが、実は我々の世代も一緒であった。親しい友人の女性は新婚当初からDVを受けており、老後はご主人と一緒に住むつもりはないし、10数年間生活するだけの蓄えがあることを教えてくれた。別の女性はご主人と離婚して、慰謝料を請求しなかったが、子供がご主人の遺産を相続するから今焦ることはないと言っている。守るべき資産も家もがない我々のような家庭には、自分がこの先どのように生きていくかが重要になる。
 そして、将来は、複数の男女の共同生活のような結婚の姿もあり得るのではないだろうかと、著者は言う。狩猟民族のように(もっと言えば、猿のように)、複数の男女がコロニーを形成し、あるものは外へ金を稼ぎに行き、あるものは小さい子供の面倒を見るような。
 現在の家庭のあり方は、平安時代後期の武士の台頭から始まり、男が家を継ぎ資産を守り、そのために人が犠牲になるという男尊女卑の家族観である。これからは、平安時代以前のように、男女が対等で個人個人が緩く結びつく家庭観に変わっていくだろう。
 
 そんな社会に我々は何ができるのだろうか、伝統的家庭観から、新しい家庭観に移行した時に親子の関係、家庭と社会との関係が大きく変化することは間違いがない。個人化が進み、リスクを重視した人間関係が進む中、家庭教育にできることは何だろうか。
その時に教えなければならないのは、「人間とは何か」であると思う。家庭でも、教育の場でも人間とは何かを考えさせること、伝えることで日本社会の分化、不安定化を防ぐことができると考えられる。宗教観が育たない日本で、人が生きるためのの基準はどのように築かれるのか?
 
 今こそ、哲学復興の時代ではないだろうか。
2016年5月31日

平林直人