家庭教育支援協会
トップページお問い合わせサイトマップ

コラム

  • 私たちの理念
  • わたしたちについて
  • お知らせ
  • 活動報告
  • これまでのあゆみ
  • これからの活動
  • 会報
  • コラム
  • リンク

我が町の恥ずかしい現状

今日は私の住む地区での話をしよう。

情景を浮かべながら、読んでもらえると幸いである。

 

東急田園都市線で渋谷まで約40分、小田急線で新宿まで約50分と都心まで1時間で行けてしまうベットタウンである。ここは今、小・中学校は教室不足でプレハブ校舎が建設されている。少子高齢化ではないが、高齢化が進んでいないわけではない。単純に人口が増えていて「多子高齢化」という現象が起きているのだ。

 

では、近隣の公園の様子を覗いてみる。

公園は”開店休業”状態。時折、ブランコや滑り台で遊ぶ子、砂場で保護者の下、砂遊びを楽しむ幼児の姿は見かけるものの、小学生が公園でボール遊びをしていない。なぜだろうか。

公園の周囲には最近、できたばかりの真新しい戸建、「新築分譲住宅」が立ち並ぶ。公園ではボール禁止!なのだ。昔は畑や雑木林、栗林だったこの地域はここ数年、建築ラッシュが止まらない。政府の相続税対象額引き下げ政策もあってか、地主が土地を手放し、どんどん土地は売られ、住宅へと様変わりした。いや、現在進行形。まだまだ建築ラッシュの勢いは止まらない。

公園でボール遊びすると、民家にボールが入る。庭らしい庭もない民家ばかり。窓ガラスにボールが当たり、割れたり、また車にでもぶつけてしまったら、一大事だ。公園のそばに家ができたのに、そんな理屈は通らない。公園でボール遊びは禁止なのだ。ならば、校庭でと思うが、その校庭もプレハブ校舎で狭くなっている。運動会では保護者の観戦では立見席の区域ができるほど。午前7時の開門の頃には長蛇の列だ。近くのコンビニは喫煙所も兼ねている有様。午前7時に長蛇の列・・・おいおい、子どもは何時の登校だぃ?

放課後の校庭も学校側は放課後広場というルールを設定。その放課後広場に登録していないと利用できない仕組みのようだ。ほらっ、子どもが学校から帰って来ていないとかのトラブルもあるし、あと、1200人も児童がいるから、安全に公平に利用できるために。つまり、校庭も気軽に遊びへ行ける場所ではないのだ。もし、野球やサッカーをしたら、放送で注意される有様だ。

では、放課後、子どもたちはどうしているか。民間学童も多いので、放課後は学童で過ごしている子が多いようだ。学童で宿題をしてくる。学童の仲間と遊んで過ごす。学童の遠足、運動会もあるようだ。放課後の学校である。学童の次は学習塾へと行き場所を移り変える。長らく続く不景気の事情もあるが、政府が進める女性が働く社会作りも手伝ってパート環境が充実しているのだ。自転車圏内に幾つもパート勤めできる環境がある。パートで稼いだ収入は学童の費用や習い事へ消えているそうだ。ちなみに学童からの帰りは車でお迎えなんていうケースも珍しくなかったり。なんか、おかしくないか。

 

さぁ、6月。今年も自治会対抗のドッジボール大会の季節がやってきた。児童数も増加しているということは、チーム数も増え、万々歳と言いたいところだが、実は違う。土日は少年野球、少年サッカー、ラグビー、テニス、プール、新体操・・・まぁ、種類もたくさんあって忙しいこと。私が小学生の頃は野球とサッカーしかなかったような…。「もし、予定が空いていたら、参加します。」だって。確かに何を習おうが、習わせようが、自由だ。しかし、優先順位が地域のスポーツ行事は下というわけで。少年野球は地域行事に参加するなど冠婚葬祭以外で休んだら、レギュラー背番号剥奪なんていう厳しい方針だったり。それって、パワハラじゃないか?

そんな逆風の中でも、さすが、人口急増地域。過去最高の参加者数と本部発表があった。

 

毎週土日の午前2時間はドッジボールの練習という生活が始まる6月。

土曜の練習を終え、時代変われど、子どもの変わらぬ姿に救われ、日常の違和感は飛んでいった。翌日曜日。吹っ飛んだ違和感はブーメランのようにして戻ってきた。

子どもたちの体が重そう。筋肉痛なのか。基礎体力の低下に気づかされた。悲しいくらい。

そりゃ、無理もない。平日、公園でボール遊びもままならず、学童へ行ったり、習い事へ行ったり、子ども同士が約束して子ども同士が自由に遊ぶという習慣がないのだから。

パートへ出ているため、親のいない家へ帰宅し、親が帰宅するまで自宅待機したり、習い事へ出かけたり、親離れしていると言えば、そうなのかもしれない。仕事から帰宅した疲れた親は手料理を食卓へ並べることはできているのだろうか。スーパーの惣菜の充実度は侮れない。でも栄養バランスに不安は抱く。

そんな生活をしていて基礎体力が養われるはずがない。

低学年までは体も小さいし、行動範囲も狭いから、気づきづらいかもしれない。でも、高学年になり、交友関係が広くなり、「うちの子、体力ないなぁ〜」なんて気づいてからでは手遅れである。高校生、大学生になっても、高熱が出るという話をよく耳にする。基礎体力がないのだ。

栄養素は高いものばかり食べているから、背はそれなりにある。でも筋肉はない。細い。所謂、キャシャというものか。

そのドッジボール大会の反省会でのこと。

「高学年の女子がスマホをいじっていた。」

確かにいた。飽きる子どもにiPadを宛がう親もいたなぁ〜。数年前の自分なら、そのときに注意していたかも。でも、高学年(とはいえ小学生)にスマホを持たせる親に疑問を感じるし、スマホを持たせても地域行事へ行くのに持ち歩くことを認めている親へ憤りを感じる。子どもに罪はないんじゃないか。

いつの時代も子どもは親の背中をみて育っている。選挙に行かない親の子は選挙に行かない。タバコを吸う家庭の子どもはタバコを吸ってみたくなる。環境が人を育てる。子どもは好奇心の塊。当たり前のことだ。言うまでもない。

教育は学校教育、家庭教育、そして地域教育。この3つから成り立つ。

幸い、学校教育と地域教育はこの地区は基盤がしっかりしていると思う。私はこの地域しか知らないので、しっかりしていると信じたいというほうが正しい言い方かもしれない。問題は家庭教育だ。

子どもの躾は親の役目。でも親の躾は・・・。その親の役目?

地域で親も巻き込んで狂った感覚を正常化に寄せていかなければならないか。

 

以上が私の住む地区、我が町の恥ずかしい現状だ。でもこれは私は現代のこの国の縮図でもあると思う。だから、恥を千も万も承知で書き綴ることにした。同じことが起きている地域もあるだろうし、逆に子どもと遊びたくても子どもがいない地域もあると思う。

今、わが国はいろいろな問題が起きていて教育的に健全な状態ではないと思っている。

 

2016726

家庭教育師

疋田 也寸彦