家庭教育支援協会
トップページお問い合わせサイトマップ

コラム

  • 私たちの理念
  • わたしたちについて
  • お知らせ
  • 活動報告
  • これまでのあゆみ
  • これからの活動
  • 会報
  • コラム
  • リンク

ひとりの私とすべての他者とともに

「お話しいただいた内容は正確な対応のため録音させていただきます」

 

このセリフ、どこかで聞いたことありませんか。

電話から流れてくるあれです。お風呂のリモコンが壊れたとき、パソコンの設定方法がわからないとき、私はすぐ、電話で問い合わせをします。「もしもし、あのー、すみませーん」。人が出てくると思ってかけたのに、「用件に従って番号を押してください」と機械に言われます。「えー」と思いながら仕方なく操作するのですが、自分がどこに進めばいいのかわからなくて、最初からやり直したり、何度も間違えたりしながら、疲れ果て途方に暮れて、「その他のご用件」のボタンに導かれ、朦朧とした意識のなかで番号を押すのです。そうすると、前述した「お話しいただいた内容は正確な対応のため録音させていただきます」の声が流れてきて、ようやく人に巡り合うことができます。

 

これってサービス?私はいつも思ってしまいます。(この原稿を書いているとき、子どもが通りかかったので聞いたら、機械のほうが正確で早いから不満ないと言われてしまいました。でも、私は不満です。)

 

目的を明確にし、先鋭化した者だけが生き残ることができるデジタル社会の象徴のような気がしてならないのです。というのも、答えを間違えると次に進むことはできません。その都度、迷わず選択し、関係のないものを捨象していかなければなりません。つまり、面倒な他者(その他の選択肢)を気にかけていては、目的に到達することは覚束ないのです。このような現実は、ネット社会の構造によく似ています。ひたすら自分の興味のある情報だけを追いかけ、追いかければ追いかけるほど、先取りした情報が、画面上に現れ、さらに興味を深堀する構造に。そこには、他者はいません。ひたすら、自分の「快」だけを追い求める世界です。

数年前、世田谷区で、子どもたちにどんな大人になってほしいですかというアンケート調査をしたことがあります。

 

そこでは圧倒的に、「人の痛みのわかる人」になってほしいと願う親が多かったのです。

 

振り返って、いまの私たちの視野の中に他者がどれほど映り込んでいるでしょうか。電車に乗れば、いまではもう珍しい光景ではなくなりましたが、みんなうつむいて、スマホの画面に没頭しています。街を歩けば、ポケモンGOに熱中して、ぶつかるのも構わず歩いています。

こうした光景に遭遇すると、現代起きている多くの問題は、他者を意識しないことから説明できることがほとんどのような気がします。ネット社会は、人々を分断し、「私」の周りにいる他者への想像力が育ちにくい社会なのかもしれません。親の願いは、「人の痛みのわかる人」に、であるにもかかわらず。

「人の痛み」を本当の意味で理解することは、できないことかもしれません。

「あなたに私の痛みなどわかるはずがない」。

そうかもしれません。でも、だからこそ、他者を思いやることのできる人になってほしい、親はそう思うのでしょう。思いやりの心は、想像の翼に支えられていると私は思います。その想像力は、常に目的に向かうことだけによって培われるのではなく、目的にかかわりのない領域、たとえば開いた窓から外を見るような漫然と世の中を見渡す目から生成してくるものではないでしょうか。

 

 あなたは、このごろ何もしないでぼーっと窓から外を見たことありますか。

 

2016年11月21日

家庭教育支援協会理事長、日本家庭教育学会常任理事、家庭教育アドバイザー、

家庭教育師、筑波大学大学院博士課程在籍

二川早苗