家庭教育支援協会
トップページお問い合わせサイトマップ

コラム

  • 私たちの理念
  • わたしたちについて
  • お知らせ
  • 活動報告
  • これまでのあゆみ
  • これからの活動
  • 会報
  • コラム
  • リンク

大道通長安 だいどうちょうあんにつうず

これは、どの道を選んでも幸せに通じているという意味の禅語です。

長安は、中国の漢の時代から始まる首都で、唐時代には世界最大都市に成長した町でした。

当時の幸せのシンボルと言われた都市です。だから長安に通ず、と言ったのでしょうね。

 

私たちは、生活の中で様々な選択を繰り返し生きています。例えば、朝ご飯はパンにしようかご飯にしようか、と言う小さなことから、進学先、就職先はどうしようか、結婚は誰としようか、など様々。

でもどの道を選ぼうと、信じて進んでいけば幸せに辿り着けるもので、大切なのは選んだ道をどう生きるかにあると説いています。

 

大道というのはどういう道のことでしょう?・・・その道一筋になるということだそうです。

食事の時は食事三昧、仕事の時は仕事三昧、趣味もお酒も、遊ぶ時ももちろん、勉強の時も勉強三昧、いつでもどこでも常にその事に全身全霊を打ち込んでこそ、初めて「道」といえる、それが大道だそうです。

 

こんなエピソードがあります。

お釈迦様の弟子に周利槃特(しゅりはんどく)という愚か者がいました。

彼は自分の名前さえ覚えられなくて、板に書いてもらって首からぶら下げていたほどです。

お釈迦様の弟子になっても一向に修行が進みません。

そこでお釈迦様は彼に、「塵ちりを払い、垢を除(は)ぶかん」と教え、さらに一本の箒を与えます。

与えられた箒で、寺の各所をくまなく一心に掃除をしながら、「塵を払い、垢を除ぶかん」を口ずさみ毎日毎日励みます。

 

そしてある日突然、ぱっと気づきが訪れました。心にふりかかる煩悩や塵や垢が払われ、悟りが開かれたのです。箒で掃除するささいな事一つでも、その事に徹すれば悟りに到ることが出来たのです。

これがまさに「大道長安に通ず」。

 

私は、子どもに対する教育はまさにこの言葉に尽きると思っています。毎日、家庭で積み重なる時間は、意識しなければただ過ぎてしまうだけ。けれども、何か一つでも意識して一生懸命に取り組めば、一つの形になるのです。形にならなくても子どもにとっては心の思い出になります。

 

教育相談員をしていたとき、年度初めに必ず言っていたことがあります。

「今日から一年間、何でも良いので、必ず毎日続けることを一つ見つけましょう。」

そしてその年、私も生徒に毎日続けることとして、本の読み聞かせを約束しました。

ある生徒は、毎日続けることとして、「由紀先生が読んでくれた本の感想を一言ずつで良いから書くこと」と決めました。

 

一年経った時に、その生徒が、「由紀先生のおかげで上橋菜穂子という作家を知り、ファンタジーの世界に目覚めました。目標がなかった私にとって、すごく楽しい時間を提供してくれる読書を教えて下さってありがとうございました。不登校だった私がほぼ毎日学校へ通えるようになったのは、毎日欠かさず本の読み聞かせをして下さったからです。その先のストーリーを知りたいから」

と言われてとても嬉しかったことを覚えています。彼女は今、都内の大学3年生で、図書館司書を目指しています。

 

大人として、真剣に子どもと向き合うことは子どものやる気をアップさせることに繋がる、と実感しています。子どもに対して言いっ放しではなく、大人として、親として行動も伴わなければ子どもを動かすことはできないと思います。

 

とても些細なことでも、毎日コツコツ続けている姿を子どもに見せ、子どもと一緒に歩むことこそ「大道」で、やがて「長安に通じる」と思いませんか?是非、皆さまも、些細なことで結構ですので、365日続けることを見つけてみてください。ご自身が変わりますし、それを見ているお子さまもきっと変わると思います。

 

2017227

家庭教育アドバイザー

静岡県ケータイ・スマホアドバイザー

社会教育主事

柳川 由紀