家庭教育支援協会
トップページお問い合わせサイトマップ

コラム

  • 私たちの理念
  • わたしたちについて
  • お知らせ
  • 活動報告
  • これまでのあゆみ
  • これからの活動
  • 会報
  • コラム
  • リンク

尾形家の家庭教育

 両親や祖父母から学んだことや我が家での教育方針を振り返り、尾形家の家庭教育について改めて考えてみました。私自身は、愛知県豊田市の実家で三男として生まれ、中学校卒業まで実家で暮らし、県内の進学高校に通うために故郷を離れて一人暮らしをし、大学進学とともに上京し、そのまま東京に住みつづけております。

 

 実家は家業として、本、薬、文房具、日用品、たばこを取り扱う商店を営んでおり、店名は『尾形誠意堂』といい、明治22年創業ですので今年で128年になります。その前は町医者でしたが、後継ぎが後を継げなくなり、その弟が『尾形誠意堂』として薬屋を創業し、その創業者の子どもが本屋を始め、創業者の孫の代で新聞配達もし、兄が5代目店主として家業を引き継いでおります。店には店名の大きな看板が掲げられ、学校帰りに毎日『誠意』という文字を見ては、それが尾形家の家訓というか先祖からの教えであると物心ついたころから認識しておりました。

 

 せい‐い【誠意】

 − 私利・私欲を離れて、正直に熱心に事にあたる心。まごころ。(デジタル大辞泉)

  − good faith(Weblio辞書)

 

 〜 自分の利益を第一に考え、それを満たそうとする気持ちから離れて、道理や道徳・法律・作法などにかない、規範や規準に対して乱れたところやうそや偽りがなく、ある物事に深く心を打ち込んで事にあたる心で、他人のために尽くそうという純粋な気持ち 〜

 

 私が小学生の頃には、『お客様は神様です。』が流行しましたが、私の父母もそのようにお客様に丁寧に接する姿を見て、私も本や文房具を買いにくる友人や先輩後輩を『お客様 = 神様』と捉え、人を敬う大切さを家業から学びました。本屋であったこともあり、母から薦められて、世界文学全集や世界の偉人の伝記を読み、発明発見や学ぶことの大切さを学び、祖父からは世界平和や国際親善、祖母からは命の大切さ、父からは交通安全や防災や健康の大切さについて学びました。また、夕方から夜にかけて、父が商品の配達に出かけると、来客対応する母の代わりに夕食の買い物や夕食づくりや後片付けも担当し、生活のために必要な習慣を身に付ける機会には恵まれたと感じております。

 

 我が家の教育方針としては、お恥ずかしいことに平成22年の息子が通う小学校PTA主催の家庭教育学級でヒントを得て、『青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律』の第六条(保護者の責務)に『自らの教育方針』という文言を見つけ、妻と話して慌てて掲げたものが、『憲法と法律に基づき、学校の教育方針、校則に沿って、憲法と法律を遵守できる成人に育てる。学校教育に支障のないように、校則を守れるように、育てる。』でした。その後は、『子の教育について第一義的責任を有するものであって、生活のために必要な習慣を身に付けさせるとともに、自立心を育成し、心身の調和のとれた発達を図るよう努める』ことを念頭に、『早寝早起き家族一緒に朝ご飯』、『学校、家庭及び地域住民等の相互の連携協力』等を意識して日々の家庭教育に奮闘しているところです。

 

 私が実家で学んだことと妻が実家で学んだことを融合して、本当に大切と思えることを子どもたちへ伝えていきたいと考えておりますが、『誠意』の解説の中にある、『自分の利益を第一に考え、それを満たそうとする気持ちから離れて、他人のために尽くそうという純粋な気持ち。』というものは、親が子の幸福な成長を願い想う気持ちから芽生え、親から子へ、そして子から孫へ家庭教育を通して受け継がれていくとよいものではないでしょうか。

 

2017年7月17日

家庭教育支援協会理事 尾形有三