家庭教育支援協会
トップページお問い合わせサイトマップ

コラム

  • 私たちの理念
  • わたしたちについて
  • お知らせ
  • 活動報告
  • これまでのあゆみ
  • これからの活動
  • 会報
  • コラム
  • リンク

住み慣れた地域に住み続ける〜地域再生の時代へ

 お尋ねします!「あなたは、お住いの地域にどのくらいの関わりがありますか?」それからもう一つお尋ねします。「あなたは、今お住いの地域にできれば人生の最後まで住み続けたいですか?」

 日本の人口の推移は、平成28年10月内閣府の発表によると、我が国の総人口は平成28(2016)年10月1日現在、1億2,693万人65歳以上の高齢者人口は3,459万人。65歳以上を男女別にみると、男性は1,500万人、女性は1,959万人で、性比(女性人口100人に対する男性人口)は76.6。総人口に占める65歳以上人口の割合(高齢化率)は27.3%。今後はますます高齢化率が上昇し、生産年齢(15歳〜64歳)といわれる層が減少の傾向にあります。

 この様な中、「住み慣れた地域にいつまでも安心して住み続けることができる仕組みづくり」を国は進めていこうとしています。切れた電球の取り換えや、庭木の剪定、草むしり、ゴミ出しの手伝いといった生活面での支援を地域の取り組みとして行うことや、地域の中で、運動や趣味の会、そしておしゃべり会やお食事会をするなど、外出による介護予防です。地域の中には既に様々な取り組みを行っているところもあります。担い手になり、地域住民のために動いている方がたくさんいるのです。ボランティアと聞くと大変そうなイメージがありますが、私自身地域に出て地域の皆さんから学んだことは、ボランティアは自分自身のために行うものでもあるということです。地域の取り組みにボランティアとして参加することで、地域とつながりが出来、自分の健康維持にもなるのです。

 

 先月、私が担当している地域でのお話です。100歳の女性がボランティアで折り紙の先生として地域の子どもから高齢者まで参加したイベントがありました。その日は総勢50名を超す人が集まり、先生の指導の下折り紙を折って楽しみました。帰り際、小学生の女の子が先生にお礼にと、折り紙で作った小さなボックスをプレゼントしていました。先生も大喜びでした。

 どこの地域も、住み慣れた地域にいつまでも安心して住み続けることができる様になる様、こうした仕組みづくりをこれから早急に進めていく必要があります。地域での取り組みに子どもが小さなうちから参加したり、親子でボランティアに参加したりすることは、地域の中での多世代交流にもなり、親以外からも学ぶ機会が増えると同時に子どもも高齢者もお互いの見守りにも繋がることになるでしょう。

 「住み慣れた地域に住み続ける」。地域の取り組みは他人任せにせず、お互い様の気持ちでみんなが「出来ること」をする!地域再生の時代がやってきました。

2017年12月3日

家庭教育アドバイザー ゆきこ