家庭教育支援協会
トップページお問い合わせサイトマップ

コラム

  • 私たちの理念
  • わたしたちについて
  • お知らせ
  • 活動報告
  • これまでのあゆみ
  • これからの活動
  • 会報
  • コラム
  • リンク

家庭教育における道徳教育

 この題名から皆様はどのようなことをイメージされますでしょうか。この題名は、私が東京都区立小・中学校PTAの区立中学校PTA連合会担当会長を務めさせていただいた平成24年度に家庭教育学級を開催させていただくにあたり、講師の先生にお願いさせていただいた演題でした。ご講演は次のような内容でした。

 

      家庭教育における道徳教育

 

  一学校・家庭・地域が連携した道徳教育一

 

子どもは、家庭で育ち、学校で学び、地域で生かす。

 

○学校における道徳教育(省略)

 

○家庭における道徳教育(抜粋)

 

1,家庭を心の安まる場に − 家庭ならではの特色

 

 家族のぬくもりを感じられる家庭作りを心掛ける。その中で、子どもは親に対し、尊敬と信頼と感鮒の気持ちをもつようになり、明日への活力のもとになる。子どもは愛情を身に感じたとき、自分も他の人に愛情をもって接するようになる。

 

2,子どもの「社会化」(しつけ)を − 学校における「道徳的実践の指導」に対応

 

 親は、子どものよいモデルである必要がある。家庭で手伝いをしたり自分の役割を果たしたり、あるいは親と地域のさまざまな活動に参加したりする体験を通して、子どもたちはやれたという成就感を味わい、自信がつき、力を合わせることの大切さやルールを守ることの意味などを学ぶ。「人の役に立ったという喜び」が心の内からわき上がる真の喜びであるという。

 

3,子ども自身が価値に根ざしたしっかりとした考えを持つように − 学校における「道徳の時間の指導」に対応

 

 子どもと、日々のニュースやドキュメントなどに出てくる人々の行為や生き方について、考えや感動・憤りなどを交換し合うようにする。親が「私はこう考えるが、○○はどうか。」と、子どもと語り合うきっかけを作るとともに、子どもが自分の考えをしっかり持つようにすることも大切である。

 

○社会における道徳教育(省略)

 

(以上、ご講演内容)

 

 インターネットで『家庭教育』を検索すると、文部科学省の『家庭教育ってなんだろう? | 子供たちの未来をはぐくむ 家庭教育』がヒットし、そこには「家庭教育は、すべての教育の出発点。」と記載がありますが、皆様は『教育』というとどんな教育を思い浮かべますでしょうか。

 

 平成18年に全面改定された『教育基本法』には、『家庭教育』の他には、義務教育、普通教育、学校教育、私立学校教育、幼児期の教育、社会教育、政治教育、宗教教育がでてまいります。『道徳教育』という言葉は出てまいりませんが、(教育の目標)第二条の一に『幅広い知識と教養を身に付け、真理を求める態度を養い、豊かな情操と道徳心を培うとともに、健やかな身体を養うこと。』とあり、『情操教育』と共に『道徳教育』が教育の目標を達成するために重要な教育であるように明示されております。

 

 『道徳教育』としては、平成20年度版学習指導要領の第1章総則第1教育課程編成の一般方針の2に次の記載があります。

 

 「学校における道徳教育は,道徳の時間を要として学校の教育活動全体を通じて行うものであり,道徳の時間はもとより,各教科,外国語活動,総合的な学習の時間及び特別活動のそれぞれの特質に応じて,児童の発達の段階を考慮して,適切な指導を行わなければならない。」

 

 家庭における道徳教育も同様に、例えば一家団欒の時間を要として家庭の教育活動全体を通じて、発達の段階を考慮して,適切な指導を行うのがよいのでしょうか。

 

 さて、『学校教育における道徳教育』は、今年度(平成30年度)から「特別の教科 道徳」が全面実施され、『道徳教育』は『道徳科教育』と呼ばれ、その充実は、いじめの防止に向けて大変重要であると切望されています。

 

 私が在住している品川区では、教育の目的及び目標の達成を目指しつつ,一人一人の児童・生徒が,自分のよさや可能性を認識するとともに,あらゆる他者を価値のある存在として尊重し,多様な人々と協働しながら様々な社会的変化を乗り越え,豊かな人生を切り拓き,持続可能な社会の創り手となることができるようにするため、道徳科教育を包含する『市民科教育』要領が記載された「品川区小中一貫教育要領」が、今年の3月に、平成三十二年四月一日から(ただし,第七学年以降の教育課程については,平成三十三年四月一日から)の施行に向けて全部が改定されて「品川区立学校教育要領」となりました。

 

 父母その他の保護者が、学校教育における道徳科教育や市民科教育についても学び、子の教育について第一義的責任を有する『家庭教育者』として『家庭教育における道徳教育』について主体的に考え、語り合い、もっともっと子どもたちの幸福を追究していける教育環境を共に整備していきませんか。

                                                                            2019年1月23

家庭教育支援協会理事

尾形有三


感想

 第一子が小学校に入学した時から、学校の図書ボランティアに登録している。転勤に伴う3つ目の小学校で末っ子が卒業したが、そのままOBとして登録は続けている。

 担当の決め方や記録の残し方等々、学校によって活動内容はさまざまである。しかし、絵本の読み聞かせのルールというか決まり事というのはどこでも共通だ。絵本の持ち方やめくり方等の動作について。何年生にどんな内容が向いているかとか、逆に学校での読み聞かせにふさわしくない内容はどうだとか。読むスピードや目線やあれやこれや。。。その中に“感想を聞かない”というものがある。

 国語の授業とは異なり、あくまでお話の世界を子どもたちに届けるのが読み聞かせの目的だ。読み手は声色を使ったりしない。紙芝居とは異なるのだ。あくまで絵本が主役でその内容を伝えることだけを心掛ける。そして、子どもたちがどう感じとってくれたかは、○×や点数がつけられるものではないのでそのままそっとしておく。

 ネットを検索してみても“子どもの心の中に広がった世界を大切にして、絵本の余韻を楽しめるように”とか“感想を聞くことはなるべく避け、物語の余韻を楽しむように”と書かれている。そう、余韻は一人一人がかみしめるものなのだ。

 

 この度私は、美術館のボランティアにも登録した。市内全小学校の四年生に、この美術館を訪ねる授業が組み込まれている。各学校それぞれ7,8人のグループを作ってくるので、そこにボランティアが一人ずつつき、1時間一緒に展示作品を見て回る。

 小学生の相手は慣れてるわ…と軽く考えて登録した私であるが、活動前にけっこう長時間の講習を受けた。そこでこの活動の目的が、子どもたちから様々な発見や気づきを引き出すことだと知った。つまり、子どもたちにどんどん発言をしてもらうというのだ。絵本の読み聞かせとはまったく逆で、子どもたちからのアウトプットを重視するのだ。

 この美術館の展示対象は現代美術である。正直私もよくわからない作品が多い。もちろん読み聞かせ同様、感想に○×や点数の評価はない。どう感じようと自由なのだが、とにかく言葉にして表現してもらわねばならない。どの学校の子どもたちもみな素直に反応してくれるので、最初の発言を引き出すことは比較的簡単だ。しかし、私はそれらを聞くばかりでさらなる気付きを促すようなさらなる働きかけができない。そこに苦労している。

 図書ボランティアはもう10年以上経験しているが、美術館ではまだ1ヵ月である。小学生相手という点は同じとはいえ、まったく異なる活動に足を踏み入れてしまったので、これから新たな勉強や工夫を重ねていかなければならない。次の転勤までにあと何回活動できるかわからないが、どちらも積極的に取り組んでいきたい。

2018年12月31日

家庭教育アドバイザー

沖 由香子


住み慣れた地域に住み続ける〜地域再生の時代へ

 お尋ねします!「あなたは、お住いの地域にどのくらいの関わりがありますか?」それからもう一つお尋ねします。「あなたは、今お住いの地域にできれば人生の最後まで住み続けたいですか?」

 日本の人口の推移は、平成28年10月内閣府の発表によると、我が国の総人口は平成28(2016)年10月1日現在、1億2,693万人65歳以上の高齢者人口は3,459万人。65歳以上を男女別にみると、男性は1,500万人、女性は1,959万人で、性比(女性人口100人に対する男性人口)は76.6。総人口に占める65歳以上人口の割合(高齢化率)は27.3%。今後はますます高齢化率が上昇し、生産年齢(15歳〜64歳)といわれる層が減少の傾向にあります。

 この様な中、「住み慣れた地域にいつまでも安心して住み続けることができる仕組みづくり」を国は進めていこうとしています。切れた電球の取り換えや、庭木の剪定、草むしり、ゴミ出しの手伝いといった生活面での支援を地域の取り組みとして行うことや、地域の中で、運動や趣味の会、そしておしゃべり会やお食事会をするなど、外出による介護予防です。地域の中には既に様々な取り組みを行っているところもあります。担い手になり、地域住民のために動いている方がたくさんいるのです。ボランティアと聞くと大変そうなイメージがありますが、私自身地域に出て地域の皆さんから学んだことは、ボランティアは自分自身のために行うものでもあるということです。地域の取り組みにボランティアとして参加することで、地域とつながりが出来、自分の健康維持にもなるのです。

 

 先月、私が担当している地域でのお話です。100歳の女性がボランティアで折り紙の先生として地域の子どもから高齢者まで参加したイベントがありました。その日は総勢50名を超す人が集まり、先生の指導の下折り紙を折って楽しみました。帰り際、小学生の女の子が先生にお礼にと、折り紙で作った小さなボックスをプレゼントしていました。先生も大喜びでした。

 どこの地域も、住み慣れた地域にいつまでも安心して住み続けることができる様になる様、こうした仕組みづくりをこれから早急に進めていく必要があります。地域での取り組みに子どもが小さなうちから参加したり、親子でボランティアに参加したりすることは、地域の中での多世代交流にもなり、親以外からも学ぶ機会が増えると同時に子どもも高齢者もお互いの見守りにも繋がることになるでしょう。

 「住み慣れた地域に住み続ける」。地域の取り組みは他人任せにせず、お互い様の気持ちでみんなが「出来ること」をする!地域再生の時代がやってきました。

2017年12月3日

家庭教育アドバイザー ゆきこ


だしまきたまご

漫画家の西原理恵子さんが「卒母」を宣言し

長年の連載「毎日かあさん」の最終回を迎えたことが

マスコミに大きく取り上げられました。

以前から「毎日かあさん」ファンの私

真似をしたわけではないのですが今年の夏

めでたく私も「卒母」宣言!

24年間の子育てにピリオドを打つことができました。

 

 

息子は高校1年生で部活をドロップアウトしてしまいました。

先輩との関係をうまく作ることができずに悩んでいたようです。

母親である私の焦りは事をさらに悪化させてしまい

息子は不登校になりました。

更に焦った私は息子に過干渉となり結果

息子はひきこもりになりました。

なんということでしょう。

家庭教育を学び自身の子育て方法の間違いに気づいたとはいえ

息子が成長するスピードに

母親としての私の成長スピードは追いつけずじまい

毎日のように泣き

親としての自信をどんどん喪失していくばかり

やがて

諦めることが必要であることに気づきました。

息子が部活に復帰すること

息子が他の子と同じように登校すること

息子が明るく元気であること

息子が私の言うことを聞くこと

そのようなことを諦めて

次のようなことを受け入れました。

息子の言うこと

息子のやること

息子のやらないこと

「だしまきたまご」を唱えながら実践した「育て直し」は

おおよそ10年という歳月を要しました。

息子は今年24歳になりました。

そして私は「卒母」を宣言!

親子関係は続きますが子育てはひとまず完了!です。

これからも適度な距離を保ちながら親子関係を楽しんでまいります。

 

むずかしいお年頃

「思春期」を迎えたお子様との関係にお悩みの方へ贈ります。

「育て直し」の愛言葉

だ・・・黙る

し・・・信じる

ま・・・待つ

き・・・聴く

た・・・他人を変えることはできない

ま・・・任せる

ご・・・going my way 他人と比べない

2017年10月16

家庭教育師・家庭教育アドバイザー

荒川区社会教育サポーター

フィットネスインストラクター

木村 孝子


「放課後児童クラブ」の開所

 「思い立って」というとあまりに軽いが、人生最後に取り組む仕事として「思い立って」民営の「放課後児童クラブ(学童保育)」を始めた。

 国は女性の社会進出を促進するため、女性支援の一環として「放課後児童健全育成事業」(放課後児童クラブ)要綱を策定し地方自治体が事業を実施している。この事業は女性支援と子供支援の二本柱となっている。

 放課後児童クラブの登録者数は年々増えて飽和状態にあり、それに対応してこの事業を行う社会福祉法人やNPO法人、学校法人などが増えてきているもののそれでも足りない状況が続いている。

 

 それほど広くないスペースに大勢の児童が、保護者が迎えに来るまで放課後の時間を過ごしている。この時間は学校教育の時間ではないため、放課後を安全に、自由に過ごし、遊びを通して自主性、社会性、創造性を培い、児童の心身の発達を図ることが原則となっており、宿題をすることを促すことはない。従ってこの時間に宿題などをする児童はほとんどいない。

 

 近年、核家族化や地域社会とのつながりの希薄化、女性の社会進出などによって、子供を持つ家庭は家事、育児など生活上の負担が大きくなってきている。このような事情が根底にある中、保護者は帰宅後に宿題等の学習を見る時間を作らねばならない。しかし、限られた時間の中ではその時間を確保できずにいるようだ。そのせいなのか、低学年ですでに落ちこぼれていく児童が珍しくないと聞いている。保護者の不安も大きい。

 将来子供がどのように生きるとしても小学校低学年の学力はその核となる。学力の低下を見過ごしてはならない。

 

 そこで、「家庭教育型アフタースクール」を開所し、子供の放課後の時間を充実させ共働き家庭の「家庭の質」の向上を目指したいと思ったのだ。ここでは宿題のほか不足している学力を補い、生活上の知識や知恵を学び、異年齢の仲間との遊びを通して「生き抜く力」を育てたいと考えている。もちろん放課後児童健全育成事業の趣旨の範囲内で、である。

 

 ところで、ボランティア要素の強いこの事業を行うには補助金の交付を受けることが大前提である。またきめ細かな対応を考えれば少人数制をとるしかない。しかし小規模事業(9人以下)の場合の補助金は少なく、事業の継続を考えると最低12人以上受け入れなければならない。それでも黒字経営は望めそうもない。前途多難である。

 それでも見切り発車で、場所を確保し、NPO法人を立ち上げ、様々な条件を満たし、何とかアフタースクールの開設にこぎつけた。

 立ち上げたのが遅かったためと告知が旨く出来なかったため今年度の申し込みはゼロで、仕方なく夏休み期間のみの受け入れを行ったところ、6名の申し込みがあった。これも告知の仕方を失敗したため問い合わせの数は思ったより少なかった。しかし現在の体制ではこの人数がちょうどよかった。

 

 余談になるが、保護者の話では、夏休みのみの受け入れはどこもしないため諦めて仕事をやめようかと思っていたそうである。夏休みの受け入れをしないのには理由がある。もちろん定員いっぱいという場合もあろうが、長期休暇中は1日11時間以上預かる(平時は3時間ほど)が、補助金申請の際、長期休暇のみの利用の児童1人は0.1人の計算となるため採算が取れないのである。

 日頃は祖父母が預かるが長期休暇では負担が大きすぎるので断られるというケースや、小学校入学を機にパート勤めを始めたが、結局小1の壁を乗り越えられなかったというケースがある。これでは子供を持つ女性がキャリアを積むことは難しい。長期休暇期間の子供と女性の支援対策を講じなければ「女性が輝く社会」は絵に描いた餅ではないだろうか。

 

 ともあれ、手探り状態で夏休み期間のスケジュールを組み、子供たちを第一に考え、勉強に遊びに、精一杯の毎日だった。幸い子供たちは全員ここへ来ることを最優先にして楽しんでくれた。私は疲労困憊し、いくつかの反省点も見つかったが、子供たちも私も楽しい夏を送ることができた。

 しっかりとしたリサーチもなく勢いで始めた事業で、問題は山積しておりどこまで頑張れるか不明だが、試行錯誤しながら少しでも家庭の質の向上に貢献出来たら本望である。

 

追伸

下記HPアドレスを記載します。

ご覧いただければ幸いです。

 

NPO法人まなびや

家庭教育型アフタースクール しみずまち

https://www.afterschoolmanabiya.com/

2017年9月11日

家庭教育アドバイザー

認定心理士

  北島眞由美