家庭教育支援協会
トップページお問い合わせサイトマップ

コラム

  • 私たちの理念
  • わたしたちについて
  • お知らせ
  • 活動報告
  • これまでのあゆみ
  • これからの活動
  • 会報
  • コラム
  • リンク

ふるさと

 今我が家には段ボール箱がたくさんある。といってもまだ組み立ててもいない。真夏に引っ越しする人なんて少ないのかと思いきや、引っ越し屋さんによれば“春の7割くらいですかね。お子さんの長期休暇中に動く人は多いですよ”とのこと。
 実際我が家は10年前も同じことをした。夫の職場は4月転勤しかないが、ちょうど末っ子が生まれるタイミングだったのだ。そのため夫のみ先に行き、上の子たちは夏休みに幼稚園を転園することになった。
 10年たった今、上の子たちは中学生。それでも転勤について行くのかとさんざん周囲から言われた。5年前にも引越ししている。子どもの成長とともに荷造り等の物理的な大変さは減っていく(子どもも戦力になるから…とはいえ今回まだ何もしていない)。しかし10代ともなると子どもにも人間関係がしっかりできているわけで、それを断ち切らせることを納得させる大変さが新たに出てくる。
 今回も4月に夫だけ先に行った。長男の部活がキリになるまで待とうということで、私と子どもたちは残っていたのだ。子どもたちはもちろん転勤を嫌がった。でも前々からついて行くと言ってあったので、条件付きでOKしたような形だ。
 そのあたりは予想済みだが、ちょっと驚いたのが末っ子の発言。“私が大人になった時、どこに帰ればいいの?”と聞いてきたのだ。夫も私も生まれた家にまだ親が住んでいる。だから年に2回は帰省している。しかし自分にはそういう先がないというのが、末っ子の心配の種のようだ。
 実家といっても夫は大学入学時に一人暮らしを始めた。生まれた家を出てからの方がもう長い時間が経過している。だから私は今回も家族そろって転勤先に行こうと思うのだ。5人一緒に住める期間なんて実際あとわずかだ。そう説明して子どもたちも納得したのだ。
 とはいえ、私自身は大学時代も実家に住んでいた。しかし中学から電車通学をしており、帰ったところで近所に会いたい幼なじみがいるということはない。単に親が今住んでいる家だから行くのであって、地元だからという感覚はほとんどない。
 
 長い前置きだったが、地元とはなんだろうと思うことがあるという話だ。ふるさとって何なんだろう。我が子たちが将来ふるさと納税をするとしたらどこにするだろうか。“パソコンがもらえる自治体がいいな”くらいしか選定基準がないかもしれない。
 今現在は東北に住んでいる。3.11の日もここにいたが特に被害があった地域ではない。沿岸部では、震災後もかさ上げしてもなんでも元の土地に住もうとする人たちに対し、東京など外部から“なぜ移転しないのか”という指摘があった。考えがすれ違いすぎて対立のような形になっていた。
 実際東北に住んで、東北の人が東北を愛する気持ちはとてもよくわかる。だから私も自分なりにできる応援をしてきた。しかし心の片隅には、先述の外部からの意見に近い思いがあるのも事実だ。違う形のふるさともあり得るのではないかと思うのだ。
 少し前にマイルドヤンキーという言葉が注目された。私はその説明を聞いて、言い得て妙だとものすごく感心した覚えがある。小中学校時代からの人間関係を大切にし、幼なじみと結婚して親と同居するという地元志向の人たちがいる。それがいいとか悪いとか経済効果がどうということではなく、ずっとずっと同じ場所で生きていく人がいるのだとあらためて考えるきっかけになったのだ。
 
 繰り返すがいい悪いという話をしたいのではない。ただ我が子たちから特定のふるさとを持つという人生の選択肢を消してしまったなあと思うのだ。もうサッカーの内田篤人選手のように小学校の同級生と結婚する可能性はゼロかなあ…と。
 まあ内田選手も20年間ずっとその彼女と一緒にいたわけではないだろう。今の世の中インターネットという便利なものがある。空間も時間も一気に越えることができるツールがある。何年後かに偶然SNSを通じて再会して…ということも無きにしも非ずであろう。
 とにもかくにもまずは荷造りだ。テスト前に部屋を片付けたくなる子どものように、荷造りという現実から目をそらし、最近思っていることを書いてみたくなった私である。世界中どこに住もうと、私自身が子どもたちのふるさとだと開き直りながら。
 
2015年7月20
家庭教育アドバイザー
沖 由香子

輝く女性・子育てとは、

 「すべての女性が輝く社会」をテーマに内閣が動き出していますが、誰もが暮らしやすい社会を作る事につながるテーマとして、漠然とした考えだと思います。
女性が輝くには、女性だけの力では輝くことができません、男性の力も必要になります。
 
 ワークライフバランスの大切さが重要になって来ることは、働いている女性では身にしみて起きている現実です。
 
 子育て、介護、仕事、家庭と多くの女性は毎日忙しく働いていますが、この中で少しの手助けがあれば、助かる事が多くあります。
 
「政府の目標」
―∀による経済的自立が可能な社会
 経済的自立を必要とする者とりわけ若者がいきいきと働くことができ、かつ、経済的に自立可能な働き方ができ、結婚や子育てに関する希望の現実などに向けて、暮らしの経済的基盤が確保できる。
  目標:<女性(25〜44歳)>   現状64.9%→2017年69〜72%
      <高齢者(60〜64歳)>   現状52.6%→2017年60〜61%
    
多様な働き方・生き方が選択できる社会
 性別や年齢などにかかわらず、誰もが自らの意欲と能力を持って様々な働き方に挑戦できる機会が提供されており、子育てや親の介護が必要な時期など個人の置かれた状況に応じて多様で柔軟な働き方が選択でき、しかも公正な処遇が確保されている。
  目標:
  ○第一子出産前後の女性の継続就業率
  現状 38.0%→2017年55%
  ○育児休業取得率
  (女性)現状72.3%→2017年80%
  (男性)現状0.50%→2017年10%
  ○男性の育児・家事時間(6歳未満児のいる家庭)
  現状60分/日→2017年2.5時間/日」
 
 この現実や目標など子育てのありかたや、輝く女性について、深くもう一度考えるべきであると思いました。
 子どもが親や家の犠牲にならない、性別によって制限されない社会、子どもの人権が尊重される社会、子どもにかかわる大人が生きづらくない社会、(大人がつらいと一番弱い立場の子どもにしわ寄せがいくからです)。
 
 私は、少しずつでもこのような事を叶えていけるように努力して、素晴らしい世の中になるようにと思っています。
 
2015年6月15日
家庭教育アドバイザー・家庭教育師
社会教育主事
栃木県男女共同参画地域推進員
教育支援人材承認協会承認(JACTES)
こどもパートナー
青山利江

原始仏教を現代に活かす

インド哲学者で仏教学者であった故中村元氏は、著書「原始仏教 その思想と生活」で次のように述べている。
『恥を知らず、厚かましく、図々しく、ひとを責め、大胆で、不正なるものは、生活し易い』 他方、『恥を知り、常に清きをもとめ、執着をはなれ、へりくだり、清く暮らす賢者は、生活し難い』と。
はてさて、これをどう理解するか? 人生には苦労の関所と落とし穴が至る所にある。そこで、親は、かわいい我が子にだけは苦労をさせたくないと願う。そうであれば、親心として、前記の『恥をしらず・・・生活し易い』を積極的に選ぶはずだ。
ところが、実際には、家庭や学校で教えるのが別の内容、すなわち、恥を知り、常に清きをもとめ、執着をはなれ、へりくだり、清く暮らす賢者の生活し難い道だとしたとしたら、矛盾しないだろうか?
愚者が社会的な成功を収めて勢いを増す一方、賢者が忍耐に忍耐を重ね、貧しく、表に出ない、出られない。実際の社会生活において徳を守ることは極めて困難だから、賢者と愚者との板挟みになる。はたしてそれでよいのか? もちろんよろしくない! よろしくないが、それが現実というもの。
愚者の道は、個人や家庭、そして、社会の安全・安心を持続可能にしない。いずれどこかでチェンジが必要である。そのチェンジ方法についてヒントを提供している人がいる。「統合心理学」を提唱している岡野守也氏である。統合心理学とは、心理学・心理療法の両方を統合した「論理療法」と仏教の「唯識」を統合したものだそうだ。日常生活に活かして使えば、むなしさ、落ち込み、不安、怒り、嫉妬などの日々の悩み、感情的なトラブルの悩みの軽減や解消をはかることができるそうで、自己確立から自己実現のあるレベルまでを論理療法が、そこから先の自己超越欲求のレベルは仏教の唯識がふさわしいとする。
まさに温故知新。この統合心理学が悩めるひとびとをセラピーしてくれることを切に希望するところである。
2015年5月4日
日本セラピスト育成協会 会長 岩田一夫

公開講座を終えて頭に浮かんだことは……

 一月の終りから二月のはじめにかけて八洲学園大の公開講座を担当したときのことです。会場教室の教壇に座り、目の前にあるカメラを見ていて、ふと、思い出したことがありました。
 もう数十年も前になるでしょうか。先日、亡くなられた落語家の桂米朝さんの高座での話です。「観客のいないスタジオで、カメラの前にちょこんと座って『毎度ばかばかしい話を・・・』と話すのはかないまへんなあ。おもろい話でも誰も笑ろうてくれまへん」という枕話で笑いを誘っていたことです。
 話し手が登場人物の持つ“おかしさ”を強調しながら話すことを、聞き手が共感し笑いを共有する。笑いが共有されることでそれが増幅されてゆく。つまり、“おもろい話”は聞き手と話し手が相互に「暗黙の応答」をしながら“ホンマにおもろいはなし”になるのですね。
公開講座初日、人前で話をすることを職業とする私も、はじめは同じように、“かないまへんなあ”という気持ちでした。幸いにも、来場者のおかげで気持ちを切り替えることができました。
 人間の“脳”は、人とモノとでは、その使われる領域と働きは異なると言います。人間を扱う時にだけ使われる領域が「社会脳」です。一般的には、共感性やコミュニケーションなど、『社会性』に関する機能の領域と言われ、「人間性を育てる脳領域」と呼ばれることもあります。落語家や私たちのように、カメラという“モノ”にではなく、大勢の人に話しかける仕事は、聞き手が話に共感し、“おもしろさ”を共有する、つまり、聞き手の社会脳を刺激することで成り立っている。そこに話し手の醍醐味があると言えるのです。
 「社会脳」は社会の中で生きる人間特有の領域で、誰しもが生まれつき備わっているものです。しかし、その機能は自然に発達するものではなく、生まれてからの学習を重ねることによってのみ得られるものなのです。育てる人の体温や眼差しを共有し、笑いかけると笑い返す、反応し合う楽しさを学習する。これが「社会脳」を発達させる原点と言えるでしょう。成長する中で、人と一緒に泣いたり笑ったり感動したり、注意の共有の体験を繰り返した経験が共感性や社会性を育てて行くものとなります。
 近年、ネット、スマホ、ゲームなどの長時間利用が若者や子ども達の「社会脳」の発達を阻害するとの指摘がなされている。将来、そんな彼らが聞き手になった時、彼らの「社会脳」に働きかける寄席の落語家や教室の講師たちは、どこに充実感や醍醐味を見出すのであろうか。
 話芸や話術の危機到来と言うことになるのかもしれない…。
 
2015年4月20日

家庭教育師・家庭教育アドバイザー

A.C.S.学院代表

石井 登


子どもの思考癖、視点を知る!

いよいよ新学期がスタートしました。
今朝、家の前を真っ新な学年帽をかぶり、大きなランドセルを背負った子どもが
家の前を元気よく笑顔で歩いていきました。
我が家の子どもたちにもこんな時代があったなぁ、と懐かしく思い出しました。
今日は、そんな昔々のエピソードをお伝えします。
 
 娘が小学3年生の時、
「〇〇君はね、誰かが発表しているときに話の途中で、すぐに質問するんだよ」と言いました。
私はてっきり、娘が最後まで話を聴かない彼のことを批判しているのかと思い、
「最後まで話を聴く方がいいのにね。」と言いました。
〇〇君は、いつも友達の話を遮って口を挟み、大人はつい「人の話は最後まで聞きなさい!」
と注意したくなるような子どもだったからです。

しかし娘は、「ん?〇〇君は、最後まで聞かなくても質問ができるんだよ。
何でって言うとね、一生懸命お話を聴いているからなんだよ、すごいね」と言うのです。

娘は、常に前向きに物事を捉える考え方をしていました。
私は、割と批判的に捉える考え方をしています。
考え方の癖で、視点がまるっきり違ってきます。

いわゆる、Is the glass half empty or half full?
「コップの水が半分残っていますが、それを見てどう思いますか?」

という 物事を楽観的に見るか、悲観的に見るかの違いです。
せっかくだったら、楽観的に見る方がいいと思いませんか?

自分や子供の考え方の癖を知って、視点を変えて見ることは必要なことです。
見方が変わると、見え方が変わります。
すると、つられて考え方も変わります。
私も娘の考え方を知り、自分の考え方=思考癖を変えました。

ちなみに、娘が「ね?〇〇君てすごいでしょ?」と言ったので、
「それに気づいた美穂はもっともすごいじゃん!!ママびっくりした。」
と答えると、娘はとても嬉しそうにしていました。
んー、今から9年も前のことです。懐かしい(T_T)/~~~ 

そんな我が家は今、息子も「超前向き思考」。
毎日、夫と私は子どもたちから元気パワーをもらっています。
笑顔溢れる家族です!
 
2015年15年4月6日
家庭教育アドバイザー
親力アップ静岡代表
静岡市食育審議委員
ラジオ番組放送作家
八木由紀