家庭教育支援協会
トップページお問い合わせサイトマップ

コラム

  • 私たちの理念
  • わたしたちについて
  • お知らせ
  • 活動報告
  • これまでのあゆみ
  • これからの活動
  • 会報
  • コラム
  • リンク

公開講座を終えて頭に浮かんだことは……

 一月の終りから二月のはじめにかけて八洲学園大の公開講座を担当したときのことです。会場教室の教壇に座り、目の前にあるカメラを見ていて、ふと、思い出したことがありました。
 もう数十年も前になるでしょうか。先日、亡くなられた落語家の桂米朝さんの高座での話です。「観客のいないスタジオで、カメラの前にちょこんと座って『毎度ばかばかしい話を・・・』と話すのはかないまへんなあ。おもろい話でも誰も笑ろうてくれまへん」という枕話で笑いを誘っていたことです。
 話し手が登場人物の持つ“おかしさ”を強調しながら話すことを、聞き手が共感し笑いを共有する。笑いが共有されることでそれが増幅されてゆく。つまり、“おもろい話”は聞き手と話し手が相互に「暗黙の応答」をしながら“ホンマにおもろいはなし”になるのですね。
公開講座初日、人前で話をすることを職業とする私も、はじめは同じように、“かないまへんなあ”という気持ちでした。幸いにも、来場者のおかげで気持ちを切り替えることができました。
 人間の“脳”は、人とモノとでは、その使われる領域と働きは異なると言います。人間を扱う時にだけ使われる領域が「社会脳」です。一般的には、共感性やコミュニケーションなど、『社会性』に関する機能の領域と言われ、「人間性を育てる脳領域」と呼ばれることもあります。落語家や私たちのように、カメラという“モノ”にではなく、大勢の人に話しかける仕事は、聞き手が話に共感し、“おもしろさ”を共有する、つまり、聞き手の社会脳を刺激することで成り立っている。そこに話し手の醍醐味があると言えるのです。
 「社会脳」は社会の中で生きる人間特有の領域で、誰しもが生まれつき備わっているものです。しかし、その機能は自然に発達するものではなく、生まれてからの学習を重ねることによってのみ得られるものなのです。育てる人の体温や眼差しを共有し、笑いかけると笑い返す、反応し合う楽しさを学習する。これが「社会脳」を発達させる原点と言えるでしょう。成長する中で、人と一緒に泣いたり笑ったり感動したり、注意の共有の体験を繰り返した経験が共感性や社会性を育てて行くものとなります。
 近年、ネット、スマホ、ゲームなどの長時間利用が若者や子ども達の「社会脳」の発達を阻害するとの指摘がなされている。将来、そんな彼らが聞き手になった時、彼らの「社会脳」に働きかける寄席の落語家や教室の講師たちは、どこに充実感や醍醐味を見出すのであろうか。
 話芸や話術の危機到来と言うことになるのかもしれない…。
 
2015年4月20日

家庭教育師・家庭教育アドバイザー

A.C.S.学院代表

石井 登


子どもの思考癖、視点を知る!

いよいよ新学期がスタートしました。
今朝、家の前を真っ新な学年帽をかぶり、大きなランドセルを背負った子どもが
家の前を元気よく笑顔で歩いていきました。
我が家の子どもたちにもこんな時代があったなぁ、と懐かしく思い出しました。
今日は、そんな昔々のエピソードをお伝えします。
 
 娘が小学3年生の時、
「〇〇君はね、誰かが発表しているときに話の途中で、すぐに質問するんだよ」と言いました。
私はてっきり、娘が最後まで話を聴かない彼のことを批判しているのかと思い、
「最後まで話を聴く方がいいのにね。」と言いました。
〇〇君は、いつも友達の話を遮って口を挟み、大人はつい「人の話は最後まで聞きなさい!」
と注意したくなるような子どもだったからです。

しかし娘は、「ん?〇〇君は、最後まで聞かなくても質問ができるんだよ。
何でって言うとね、一生懸命お話を聴いているからなんだよ、すごいね」と言うのです。

娘は、常に前向きに物事を捉える考え方をしていました。
私は、割と批判的に捉える考え方をしています。
考え方の癖で、視点がまるっきり違ってきます。

いわゆる、Is the glass half empty or half full?
「コップの水が半分残っていますが、それを見てどう思いますか?」

という 物事を楽観的に見るか、悲観的に見るかの違いです。
せっかくだったら、楽観的に見る方がいいと思いませんか?

自分や子供の考え方の癖を知って、視点を変えて見ることは必要なことです。
見方が変わると、見え方が変わります。
すると、つられて考え方も変わります。
私も娘の考え方を知り、自分の考え方=思考癖を変えました。

ちなみに、娘が「ね?〇〇君てすごいでしょ?」と言ったので、
「それに気づいた美穂はもっともすごいじゃん!!ママびっくりした。」
と答えると、娘はとても嬉しそうにしていました。
んー、今から9年も前のことです。懐かしい(T_T)/~~~ 

そんな我が家は今、息子も「超前向き思考」。
毎日、夫と私は子どもたちから元気パワーをもらっています。
笑顔溢れる家族です!
 
2015年15年4月6日
家庭教育アドバイザー
親力アップ静岡代表
静岡市食育審議委員
ラジオ番組放送作家
八木由紀

子供の発想力を摘まない子育て 〜子供はそのままで素晴らしい〜

「みゆきさん、紙じゃないとだめなの?」

先日幼稚園児・小学生数人と遊んでいた時のこと。好きな人に手紙を書く遊びをしようということになり、私は紙とペンを用意しました。すると小3の男の子が近付いてきて、私に言ったのです。
「みゆきさん、紙じゃないとだめなの?」
私は、はっとしました。
【 手紙 = 紙に書く 】
私の固定概念が、危うく子供の豊かな発想を潰すところだったのです。

紙とペンを用意したこの行動は、一見親切です。しかし大人が陥りやすい先読み先回り行動であったのです。

先読み先回り行動とは、私が提唱する親育でお伝えしている行動の1つで、大人が子供の行動を先読みし、子供が動きやすいように先回りして準備する行動のことを言います。いわゆる転ばぬ先の杖のこと。

では親切行動と先読み先回り行動、どのように見分けたらいいのでしょう?
それは「結果」への意識の在り方でわかります。結果を期待しないものが親切行動で、期待するものは、先読み先回り行動と言えるでしょう。

大人は様々な経験をしています。その為子供が何歳になっても、赤ちゃんの時同様に、よりよい結果をもたらしたい一心で、先読み先回り行動をしがちです。
しかしこの行動は、よいことに繋がるとは限らないことを私達大人は知っておかなくてはなりません。
それは、成功経験しか積んでいない子供の場合、失敗を恐れたり、障害に対応できなかったり、お膳立てがないと行動ができなかったり、自己判断が苦手だったり、打たれ弱いなど、一人で物事を解決できない未熟な困ったちゃんになる可能性が高くなることが考えられます。
できないことを出来るようにするための、仮説⇒行動⇒修正⇒行動というプロセスを経験する機会が少なかった為、自己解決が苦手なのです。

私はそんなことを思いながら、男の子に聞いてみました。
「お手紙=紙じゃないの?そのアイデア素晴らしいわね。詳しく教えてくれる?」
日頃おとなしい彼ですが、熱い想いを語ってくれました。
「身体にお手紙を書いたらね、お風呂の時にママがびっくりして喜ぶと思うんだ。」
「紙に残らないから、心でしっかり覚えておく手紙なんだよ。」
すごい発想だと思いました。

子供達の発想力を育てるのも潰すのも、私達大人のごくごく平凡な言動が関係します。そのままで素晴らしい子供達。豊かな発想力や能力を育てるのも見過ごすのも、私達大人が鍵を握っていると実感した出来事でした。
子供はそのままで、本当に素晴らしい存在です。
2015年3月23日
和田みゆき
家庭教育アドバイザー・家庭教育師
家庭教育支援協会副理事長
日本家庭教育学会常任理事
家庭倶楽部主宰
ママそら湘南代表
一般社団法人KIDS社交ダンス協会理事
NPO法人いばしょづくり理事
学校法人八洲学園理事
学校法人文理開成学園理事

「育む」の言葉に見る原点

普段何気なく使っている「子どもを育てる」という言葉。
私の現在の活動は、自然療法と家庭教育で育児と育母を考える「チャイルドケア」というものを体系づけて活動しておりますがその活動においては基本的に「育む(はぐくむ)」という言葉を意識的に使っています。
この使い方の意識をすることで、さまざまな問題への取り組み方や受け止め方も
変わられるように思うからです。

■育てる(そだてる)
育てる方が主体となり、育てる方の意が中心に「育」

■育む(はぐくむ)
育てられる方が主体となり、育てられる方が中心となる「育」

同じ文字でありながら、行動や意識の向け方は変わります。
「子育て」をどちらの「育」で考えていくかが自ずと見えてくると思います。
「育」という文字は会意文字。
この文字は、「月」という文字の上に「子」という文字が逆さになって作られている文字です。母体から逆さまに生まれ出た子どもが肉をつけ,成長する様子を表しているそうです。
これが「育てる(そだてる)」という日本語になった解釈です。
それではなぜ「育む(はぐくむ)」といういい方になったでしょうか。これを調べていると、とても素敵な母の子を思う心を知ることになりました。「育む(はぐくむ)」語源は、万葉集から来ている言葉だそうです。

旅人の宿りせむ野に霜降らば吾が子羽ぐくめ天の鶴群(万葉集9)

作者は不明です。この歌の意味は奈良時代日本から中国に行った遣唐使の子どもをもつ母がうたった歌でした。中国に渡る息子を心配し、無事を祈って母の思いが綴られています。

「私の息子が旅をして、野宿しようとした野原に霜が降るようなことがあったならば、
天かける鶴たちよ、どうかそのあたたかい羽で私の子どもをくるんでください。」

この歌の中の「羽くぐめ」が「育む」になったと言われています。
温かい羽でくるみ、子どもを守りたいという日本の母の情感から生まれたものです。
日本らしい語源だと感じます。
「育む」は、子どもに思いやりをもった親としての愛情あふれる言葉です。さらにこうした言葉の解釈で、肌感覚に気づき、温度感に気づくことで、私が指導しているベビーマッサージやタッチケアにも自ずと通じてきます。マニュアル通りの手技手法ではなく、子どもに触れるという行為は、子どもの命そのものを主体に考え、その命が育ちたい流れをくみ取り、守り、サポートすることがベビーマッサージや子どもへのタッチケアであり子どもへの「ケア」になると考えています。
最近は子育てもどんどん合理化され、マニュアルやメソッドのようなものが増えました。
「この通りにやれば子育てはできるようになる」というものではないと思います。それに捉われていると子育ての「死角」に気づくことができなくなります。
さまざまな知識、方法で取り組むことは必要ですが、子を思う親の気持ちの中にある「羽ぐくむ」は「子育て」の中にある基本に存在するのではないかと思います。

※八洲学園大学 公開講座において5月より自然療法と家庭教育で育児&育母を考える「チャイルドケアeラーニング講座(基礎編)」と自然療法と家庭教育で育児&育母を深める「チャイルドケアeラーニング(応用編)」を開講します。ご興味のある方は下記をご覧ください。
http://www.yashima.ac.jp/univ/extension/course/2015/01/-e.html
http://www.yashima.ac.jp/univ/extension/course/2015/01/e-1.html

『チャイルドケア』は全ての命の総称を<チャイルド>とし、すべての命のケアについて考えていく講座です。通信講座は日本アロマコーディネーター協会で開講しています。
2015年3月9日
家庭教育支援協会 理事
日本家庭教育学会 常任理事
日本アロマコーディネーター協会 チャイルドケア本部講師
自然療法治療室 松本鍼灸接骨院 ケアリスト
家庭教育アドバイザー
松本美佳





おにぎらず

 最近、お弁当のレシピが増えた。久しぶりのことだ。忙しさに追われ、新しいことにチャレンジすることがめっきり減っている中で新鮮な感覚をもたらしてくれた。
それは「おにぎり」ならぬ「おにぎらず」。もうご存知の方もいらっしゃることだろう。
全形のりにご飯→具→ご飯の順で乗せ、四角を中央に持ってきて包む。
そして真ん中で切ると切り口がきれいに出て華やかになる。サンドイッチのご飯バージョンといった感じだ。
握らないおにぎりなので「おにぎらず」。

ちょこちょこ食べをして身体を大きくしないといけない子どもたちは、毎日おにぎりを持っていくが、
普通のおにぎりはお野菜を入れづらく、具も少ししか入れられないので、栄養バランスが心配だったのでちょうど良い。
味も好評だったが、風変わりなおにぎりだったことに加え、いつも忙しそうにしている母親が新しいものを作ってくれた、
ということが嬉しいようだった。友人たちにも珍しがられたと話してくれた。
子どもたちが非常に喜んでくれたこと、新しいことが上手くできたことで、大袈裟だが私自身も達成感を味わうことができた。
「おにぎらず」に挑戦したことは、ほんの些細なことだったが、子どもたちとの会話につながりになり、気持ちを通い合わせられた出来事となった。

会話が多く、コミュニケーションがしっかりとれている家庭で育った子どもは心が穏やかで、へこたれないという。
学校で嫌なことがあっても家族とたわいもない会話をしているうちに薄らいで、翌日には少し元気なってがんばれる、その積み重ねが子どもを強くするからであろう。
そのコミュニケーションのきっかけとなる毎日のお弁当や食事をないがしろにせず、家族の心と身体のパワーチャージとなることを忘れずにいたい。そして「安心して帰れる場所」で待っていてあげたいと思う。
子どもたちの笑顔をもたらし、私のチャレンジ精神をも刺激してくれた「おにぎらず」に感謝したい。
さあ、明日は何を作ろうか・・・
2015年2月23日
家庭教育アドバイザー・家庭教育師
AEAJアロマセラピスト
米 靖子